薄毛対策にプロペシアを使うメリット・デメリット

男性の薄毛に多いのがAGAといって、男性ホルモンの働きによって髪の成長が妨げられて起こる症状です。

遺伝の要素が強く、発症すると数年で頭頂部や生え際の髪が薄くなってしまいます。

薄毛の進行を止めるには、専門的な治療をAGA専門の医療機関で行う必要があります。

男性ホルモンが薄毛の原因になるDHTを作るのを防ぐ成分として、フィナステリドという有効成分が発見され、AGA治療薬プロペシアがとして開発されました。

脱毛症には効かないのですが、AGAの診断を受けている人にとっては、薄毛が改善されたり、進行が遅くなるとされる画期的な治療薬です。

育毛効果を実感した声も多く聞かれるようになり、AGAに悩む人の期待も高まっています。

保険がきかないので最近は海外から個人輸入して安く手に入れる人もいます。

AGA対策にメリットの大きいプロペシアですが、肝心なリスクについてもあらかじめ了承して使うことも必要です。

特に重大なのは肝機能不全を起こす可能性があるということでしょう。

用法容量を守ることはもちろんですが、肝臓にもともと疾患や持病のある人は、医師と相談して服用しましょう。

また、発生頻度は低いのですが、男性機能についての副作用が報告されているので、機能障害などのリスクを把握したうえで服用することも大切です。

心因性の男性機能不全に関しては薬の成分は関係ないのですが、プロペシア服用の際は量を守ることがとても重要になります。

※こちらも参考にして下さい:福富町の風俗・ここだけのナイショ話